~☆三笠炭鉱遺産見学ツアー☆~ … その3(幾春別地区)

d0246751_1734443.jpg
d0246751_174863.jpg


さて、いよいよ炭鉱遺産の見学です。

実は三笠市立博物館の裏手は幾春別森林鉄道軌道跡のサイクリングロードがあり、
博物館から歩いて行けるところに北炭幾春別炭鉱錦坑の跡があります。
ところががけ崩れがあったとかで現在立ち入り禁止。

個人的にはかなり期待していたのですが、残念。

ということですぐに住友奔別炭鉱関連施設へ。

メインは堂々とそびえる「住友奔別炭鉱立坑櫓」。
高さは51mといいますから、かなりのものです。

同じ敷地内には「住友奔別炭鉱立坑ケージ」「住友奔別炭鉱選炭施設」もあります。
「選炭施設」は出炭した石炭を選別して貨車に積み込む施設。

どの施設も規模が大きく、当時の繁栄はどれほどのものだったのか…。

このあと行ったのは「砂子炭鉱三笠露天坑」。
ここは産業遺産ではありません。
重機がうなりをあげる現役の石炭露天掘坑です。

採ろうと思えば思えばまだまだ石炭は採れるのです。
ただ構内堀は採算が合わないので止めてしまっただけ。
ですが露天掘は商業ベースでまだまだ続いているのですね。

北海道にはこのような露天掘坑が何ヶ所かあります。

更に「住友奔別炭鉱引込線鉄橋跡」「住友奔別炭鉱弥生坑口」、
来るときに瞥見した「炭鉱住宅」を今度はゆっくり眺め、
幾春別地区をあとにしました。

続いて幌内方面へ…

☆写真は「住友奔別炭鉱立坑櫓」と「炭鉱住宅」

【部員】奥井 みさき
[PR]
by oyoyosapporoart | 2010-07-06 21:10 | イベント


<< ~☆三笠炭鉱遺産見学ツアー☆~... ~☆三笠炭鉱遺産見学ツアー☆~... >>