近くて、知られざるサハリン事情

8月2日の活動報告でございます。

今回はゲストに写真家・後藤悠樹さんを迎えて「樺太サハリン写真」トークでした。

後藤さんについては、下手なわたしの説明よりも、こちらのサイトを見た方が分かりやすいかと存じます。
http://www.npi.ac.jp/extra/interview09.html
http://blog.canpan.info/fukiura/archive/6974

d0246751_20144876.jpg

こんな感じですね。はい。

現地の方々の何気ない日常写真や、スナップ写真をメインに撮っていらっしゃっていました。
日系や韓国、朝鮮系、ロシア系、あるいはアイヌ、ウクライナ系…と民族・人種がかなりMIX。
それがサハリン島に住む方々です。

d0246751_20304391.jpg


ちなみに面積は76,400 km²。北海道よりデカい。

ビザを取るのは大変ですが、意外と親日的なのがサハリンでございます。
(自動車産業とか、日本製品は質が良かったりするので)

そして彼等は写真を撮られることを、かなり嫌います。
「いま撮った写真データ消せ!!」
と言われる場合が多いです。
(その気持ち、個人的によっく解ります……)

あと、野犬が多いので要注意!!

サハリン観光の際は、是非この2点を意識しましょう……。

なんだかいつも以上に文章がまとまっていない、崖っぷちMがお送り致しました。

追記:
後藤さんのブログはコチラです。
http://harukyung.exblog.jp/
[PR]
by oyoyosapporoart | 2011-08-04 20:39 | レクチャー


<< 写真展やりますよ 「笑」ってなんですか? >>