カテゴリ:イベント( 13 )

ゆめとうつつ 大勝純一展

8月30日の美術部活動では、大勝純一さんの個展を鑑賞致しました。
個展は29日、30日と開催され、最終日には大勝さんによるアーティストトークがありました。


展示された作品は輸送の関係で小さなものに限られましたが、100点あまりの膨大な数になりました。

作品は多様で、大まかに分類しますと以下のとおりです。

1.写真に漆やペンでもののけ状の生物や恐竜を描いたもの
  漆は過去に知人の方から、日本らしいものを、とアドバイスを受けてから使用されているそうです。
  これらの生き物たちは、考えて描くというよりも、手から直接スラスラと生まれてくるそうです。

2.天使となった人間の、まさに飛び立たんとする状態を捉えた写真
d0246751_2203446.jpg

  天使志望者(モデル)の情熱は熱く、気持ちが強いほど翼は美しく現れるとのこと。
  皆さん大勝さんが思う以上に天使になりきってくれるそうです。

3.ドアップの笑顔をレンガのように並べた写真
  写っているのはとびっきりの笑顔です。
  大勝さんは写真を一枚一枚自ら展示する中で、笑顔からパワーを受けられたそうです。

4.女性が被写体の街中写真。
  普段は絵の先生もされている大勝さん、生徒さんをモデルに撮影されたそうです。
  街中で撮られた白黒写真は、どこか懐かしい感じを受けるものでした。

5.油彩用キャンバスに吹きつけた穀物にドローイングしたもの。  
  

その他に、サイズの大きな作品は、制作年やタイトルが添えられた写真となって2冊のファイルにまとめられていました。
ファイルの中から1点1点作品を説明してくれる先生の記憶は滞りなく、この絵はチェルノブイリが起こった時に描いた絵だ、次のこれは卒業制作だ、そういえばこの時、同級生は巨大なキャンバスに日記をひたすら一年間かけて描いていたっけ、とそのお話はまるで立て板に水のようで、尽きることがありません。
更に、一人一人と視線を合わせて話してくださる姿に、聞いている我々もググッと引き込まれたわけでございます。
d0246751_22393861.jpg


20時から始まり当初1時間の予定だったアーティストトークも気づけば22時を過ぎ、先生の熱の篭ったお話も一旦終了。
その後はフリートークとなりましたが、雑談の流れから、作品と同じ、1人ひとりのドアップ笑顔写真を撮ってくださることになりました!
白い壁を背景に撮って頂いたのですが、カメラと被写体の距離の近いこと(笑
近接に対する気恥ずかしさからにやけ顔、さらに
「普段は何をしているのー?」「お名前はなんとおっしゃるんですかー」と独特の節で矢継ぎ早の質問責めを受け、我々は自然とくしゃっとした笑いになってしまいます。
平均して1人8カット、もぎたて笑顔がたくさん撮れました!
d0246751_2158222.jpg


「ハイ笑ってー」などとは言わずに、短時間で喜びを切り出せる術は、是非使わせて頂きたいと思いました(笑

個人的な印象としては、作品と同じように、大勝さん自体が空想と現実の融合体のような、不思議な印象を受けました。
とろんと溶けるような話しぶりには夢のような不確かさ、ふと見たお顔の冷静な目線には実体を。
タイトルに"ゆめとうつつ"と付けさせて頂いた理由です。
楽しい時間をありがとうございました。
d0246751_22404858.jpg



今回創作活動のため欠席されていたMさんに代わり、ブログを書かせて頂きました。
ブログの難しさを改めて知りました、敬服ですm(._。)m


しゃしん:国生さん
かきもの:310703(新入部員)

間違いなどありましたらご一報ください。。。
[PR]
by oyoyosapporoart | 2011-09-01 22:46 | イベント

満員御礼☆『ハーブ&ドロシー』佐々木芽生監督トークイベントショウ

こんにちは。
4月5日はドキュメンタリー映画『ハーブ&ドロシー』の監督・プロデューサー佐々木芽生さんのトークイベントを、無料で開催致しました。

さすが無料。
恐るべし無料。


映画のファンから、映像関係者、アート関係者、クリエータの方などなど、様々なジャンルの方々がお越し下さいました。
ホールは珍しく人でびっしり。立ち見の方もいらっしゃいました。
満員御礼です。ありがとうございます。

フライヤー表
d0246751_21351158.jpg

フライヤー裏
d0246751_21402785.jpg


佐々木芽生監督のプロフィール
d0246751_2141234.jpg


d0246751_21414094.jpg

映画内のハービとドロシー夫妻。
(※イメージで描かせて頂きました)

監督がおっしゃるには、元々のこの映画は、監督自身が
「デジカメもってハービー夫妻を追いかけて30分のドキュメンタリーでいいや」
の軽い気持ちのコンセプトから始まったモノらしいです。

しかし、実はこの夫妻。アート界ではかなりの大御所であるということが判明。
「これは本気で映画にしないと、いかん!!」
と映画としてのプロジェクトが大きくなったそうです。

今回のトークで最も印象的だったお話は、映画にせよ何にせよモノ作りには
人とのコミュニケーション能力が大事
です。

取材対象のハービー夫妻にも、長い時間をかけて根気よく取材・インタビューして、ようやく彼らの滅多に他人には見せない部分も引き出せた。
そして、結果、良いシーンが撮れた。
BGMの音楽担当者にも、
「うん。最高の音楽だよ!!CDにしてもいいくらいだ!でも、もうちょっとここはこうして欲しいかな!?いや、でも実にすばらしい音楽だ!!」
と上手く『アメ・ムチ・アメ』(※監督は『褒め言葉のサンドイッチ』と云っていました)を使いこなして、ベストな音楽を作らせる……などなど。

いや、ほんと勉強になりました。
アーティストとかクリエーターって、なんとなく引きこもりのクローズドなタイプっというイメージがありますけど、(実際にはそういう人間はたくさんいる)、それじゃ、ダメなんですね。

やっぱり、人とのつながり。コミュニケーション力です。
これは、ほんとうに、どの業界にも通じるものだと思います。


|ω・)<今回の記事もナゾの影武者・ヘルパーMでお送り致しました。
[PR]
by oyoyosapporoart | 2011-04-13 13:07 | イベント

OYOYO美術部+αの2010年忘年会

先日21日は、わがOYOYO美術部部会は今年最後で、いつもの広いメインスペースにて忘年会を行いました!


今回は美術部員だけでなく、写真部員も多く参加してくださいました!

日頃から、双方の部員が展覧会などで仲良く交流し合えている証かもしれません。

この垣根を越えた交流こそOYOYOらしさが出ていました!

d0246751_2039212.jpg


OYO☆be blog

メインディッシュとして2種類の鍋を囲んで、雑談などをしていました。

写真手前の鍋がカルボナーラ風味

そして

奥の鍋がキムチ味でした。

ちなみに写真は準備中の様子です。

鶏肉や豆腐、春菊など具材は部員同士で持ち寄っていました。

みな2種類の鍋を交互に食べ歩き、おなかが満足いくまで堪能し続けました!

女性陣が多かったせいか、どちらの鍋もうまく味付けされていて、最後までおいしくいただけました!


その最後は、某写真部員特製AVE(アベ)カレーのルーも鍋に投入され、おいしいカレーうどんの振る舞いもありました!

OYOYOなどで有名になっているAVEカレーは、やさしい辛さでありながら味わいが濃かったので、

箸が進んだ気がしました!


その最中はみな積極的に席を移りながら、

来年の美術部員レクチャーの構想

部員の出身地の話

札幌都心周辺の隠れスポットの話

さらには

部員の年齢についてみなで驚いたり(笑)

などなど…

23時過ぎまでこういった話し合いで盛り上がっていました!


正直言って私は前半まで同じ席にいたため、美術部柴田部長に

言葉巧みに席を奪われたり、一方的に語られたりしましたが(笑)


また、最後の方ではほとんどの部員同士が、

d0246751_20402095.jpg

使わなくなった古本や写真、日用品などをプレゼントとして、くじ引き方式で交換しあいました!

本当に他方にとっては意外なお品ばかりで、お互いにお礼を言いながら驚いていました!


そういう感じで、今年の最後にふさわしく楽しい忘年会になりました!


新年1月からもOYOYO美術部は、部員レクチャーをはじめ、

ゆるゆるながらも充実した部会を繰り広げていくことと思います!


【部員】 兼田 泰成
[PR]
by oyoyosapporoart | 2010-12-24 20:36 | イベント

~☆三笠炭鉱遺産見学ツアー☆~ … その6(番外編)

d0246751_1719718.jpg


今回はOYOYOツアー第1弾として炭鉱で栄えた三笠市を訪れました。

三笠市では幌内炭鉱の開坑以来閉山まで、大小30もの炭鉱がありました。
今回はその中に主に住友奔別炭鉱と北炭幌内炭鉱を見学したわけです。

サイクリングロードを通ることが出来れば北炭幾春別炭鉱跡も見学できたはずですが、
それは後の楽しみとしておきましょう。

道内には石狩炭田を中心に今でも様々な炭鉱遺産を見学することが出来ます。
空知地区の炭鉱遺産は「北海道遺産」にも指定され、
大人の社会見学ブームもあり最近人気も出てきました。

それらを巡るバスツアーもあり、毎回好評なようです。

人気の観光スポットを歩くのも楽しいですが、
たまには石炭遺産に限らず各地の産業遺産を巡るのも楽しいものです。

今見れるうちに、どこかへ行ってみてはいかがでしょうか。

OYOYOではこれからもツアーを行う予定です。
その際にはまたこうして皆さんにその様子をお伝えしたいと思っていますので、
楽しみにしていてください。

最後になりますが、長い日記にお付き合いいただいて有難うございました。
それではまた、お目にかかれる日まで。

☆写真は運転中の私

【部員】OYOYO美術部 奥井みさき
[PR]
by oyoyosapporoart | 2010-07-06 21:27 | イベント

~☆三笠炭鉱遺産見学ツアー☆~ … その5(北炭幌内炭鉱)

d0246751_1716099.jpg
d0246751_17162357.jpg
d0246751_17163679.jpg


いよいよ幌内炭鉱です。

まずは道路から外れてわずかに轍が残り,
草が生い茂る細道を進みます。

たどり着いた先には「北炭幌内炭鉱施設跡地」が。
用途不明のコンクリートの残骸の中に「原炭ポケット」らしきものを発見。

道路に戻り先に進みます。
あたりは木が生い茂る山の中、いい雰囲気が漂ってきましたよぉ。

すぐに現れたのが「北炭幌内炭鉱変電所」。
閉鎖されて22年も経つというのに今でも堂々とした立派な建物です。

すぐ横には「幌内神社」へ上る階段が。
階段を進むとそこには鳥居、灯篭、狛犬などが残っていました。

本殿は倒壊して現存していませんが、
神社らしい幽玄な雰囲気にはみんな圧倒されました。

その最盛期、住民たちはこの神社にどれほどの信頼を寄せていたのでしょう。
多くの人が参拝に訪れたこと、想像に難くありません。
社殿面積21坪、境内面積1,000坪、旧社格は村社、最盛期の氏子数3,000。

車から降り、幌内景観公園として整備されているあたりを散策。
手を入れているのは“みかさ炭鉱の記憶再生塾”さん。
歩きやすいように草も刈られ、ところどころに案内板などもあります。

さすが幌内炭鉱の中心部だったところ、いたるところにその痕跡があります。
自然と同化、朽ち果てる様は石炭産業華やかりし頃の繁栄を今に伝えます。

車に戻りこの日の見学も終了、あとは戻るだけになりました。

17:00すぎにOYOYOへ。

皆さん、お疲れさまでした。
またいつか、どこかへ行きましょうね。

最後、番外編へ

☆写真は「北炭幌内炭鉱変電所」、「幌内神社」境内と幌内景観公園内の案内看板

【部員】奥井 みさき
[PR]
by oyoyosapporoart | 2010-07-06 21:23 | イベント

~☆三笠炭鉱遺産見学ツアー☆~ … その4(三笠鉄道記念館)

d0246751_1791144.jpg
d0246751_1793641.jpg
d0246751_17101151.jpg


幌内地区へ行く途中には、
廃線になった幌内線の線路跡を利用した「三笠トロッコ鉄道」があります。
線路は道路のすぐ横、そのトロッコが走っているのが見えます。

そして旧幌内線幌内駅跡に建てられた「三笠鉄道記念館」。

そこにはSLが煙を上げて停車中、
予定にはありませんでしたが下車して見学することに。

あら、すぐ発車というではありませんか。
みんなで乗車、運賃はひとり200円。

切符はそれっぽく昔ながらの硬券、日付は日付印字器を使い自分で入れます。

客車は2両、先頭に立つのはSLの「S-304号」。

この機関車は国鉄がSLの運転を廃止した後も、
室蘭の(株)鐵原(現・(株)テツゲン)工場内で実際に走っていたものです。
日本で一番遅くまで現役で使用されていたSLでもあります(多分)。

当時、観光用保存鉄道を除いてSLが実用されていたことはあまり知られていません。
私はこのSLを室蘭本線の車窓から見たことがありますが、
ここで動態保存されているとは知りませんでした。

そのあとはミニ新幹線にも乗車、
車輪から伝わってくるゴツゴツという線路の繋ぎ目のリズムがなんとも快感です。
運賃はまたもやひとり200円、切符なし。

「三笠鉄道記念館」、いい息抜きになりました。

さていよいよ北炭幌内炭鉱跡へ行きます。

幌内炭鉱跡へ続く

☆写真は「S-304号」、SLの乗車券と「ミニ新幹線」

【部員】奥井 みさき
[PR]
by oyoyosapporoart | 2010-07-06 21:16 | イベント

~☆三笠炭鉱遺産見学ツアー☆~ … その3(幾春別地区)

d0246751_1734443.jpg
d0246751_174863.jpg


さて、いよいよ炭鉱遺産の見学です。

実は三笠市立博物館の裏手は幾春別森林鉄道軌道跡のサイクリングロードがあり、
博物館から歩いて行けるところに北炭幾春別炭鉱錦坑の跡があります。
ところががけ崩れがあったとかで現在立ち入り禁止。

個人的にはかなり期待していたのですが、残念。

ということですぐに住友奔別炭鉱関連施設へ。

メインは堂々とそびえる「住友奔別炭鉱立坑櫓」。
高さは51mといいますから、かなりのものです。

同じ敷地内には「住友奔別炭鉱立坑ケージ」「住友奔別炭鉱選炭施設」もあります。
「選炭施設」は出炭した石炭を選別して貨車に積み込む施設。

どの施設も規模が大きく、当時の繁栄はどれほどのものだったのか…。

このあと行ったのは「砂子炭鉱三笠露天坑」。
ここは産業遺産ではありません。
重機がうなりをあげる現役の石炭露天掘坑です。

採ろうと思えば思えばまだまだ石炭は採れるのです。
ただ構内堀は採算が合わないので止めてしまっただけ。
ですが露天掘は商業ベースでまだまだ続いているのですね。

北海道にはこのような露天掘坑が何ヶ所かあります。

更に「住友奔別炭鉱引込線鉄橋跡」「住友奔別炭鉱弥生坑口」、
来るときに瞥見した「炭鉱住宅」を今度はゆっくり眺め、
幾春別地区をあとにしました。

続いて幌内方面へ…

☆写真は「住友奔別炭鉱立坑櫓」と「炭鉱住宅」

【部員】奥井 みさき
[PR]
by oyoyosapporoart | 2010-07-06 21:10 | イベント

~☆三笠炭鉱遺産見学ツアー☆~ … その2(三笠市立博物館)

d0246751_1703313.jpg

d0246751_16594854.jpg


「三笠市立博物館」は別名“化石の博物館”といわれ、
とくにアンモナイト化石の収蔵には目を見張るものがあります。

また国の天然記念物「エゾミカサリュウ」の化石もあり、
このあたり一帯がかつて海だったことがわかります。
※「エゾミカサリュウ」は海棲大型爬虫類であり、恐竜ではない

その他特筆すべき展示には空知集治監の資料があります。
空知集治監は囚人を炭鉱労働に従事させることを前提に設置され、
地域の発展に大きく貢献しました。

三笠の歴史と発展を語るには欠かせない施設なのです。

その空知集治監の展示が少ないながらあるのは、
さすが三笠の博物館といえるでしょう。

その他の郷土資料もひと通り揃っています。

建物は2階建てで展示スペースは1階のみ。
かつては2階にも展示スペースがあったようですが、
経費節減で展示を1階に集約したという感じです。

展示内容に関していえば市立総合博物館なのに自然関係に偏りすぎ。
北海道ではわずか100年ほどの間に産業の栄枯盛衰があり、
それだけに産業遺産関係資料の散逸が激しいのです。

北海道各市町村の総合博物館はまず産業考古学に力を入れて欲しいなぁ。
自然関係の資料はそのあたりのバランスを考えて展示して欲しいものです。

国の天然記念物が発掘されたから力を入れたい、
という気持ちはよくわかりますが。

分館で森林資料展示室がありますが、
時間の関係で見学は出来ませんでした。

午前中はこれで終わり。
お昼ご飯の後はいよいよ本格的な炭鉱遺産の見学になります。

幾春別地区の見学へ続く

☆写真は博物館外観と入館券

【部員】奥井 みさき
[PR]
by oyoyosapporoart | 2010-07-06 21:06 | イベント

~☆三笠炭鉱遺産見学ツアー☆~ … その1(三笠まで)

d0246751_16545450.jpg


北海道に鉄道が開通したのは明治13年、手宮ー札幌間です。
さらに明治15年には三笠市幌内まで開通しました。
これは日本で3番目に開通した鉄道です(茅沼炭鉱軌道は除く)。

何でこんな早い時期に北海道に鉄道が開通したのかというと、
幌内から小樽の港まで石炭を運ぶため。

明治政府がいかに石炭を重視していたかがわかります。

以来北海道では数多の炭鉱が開発され、
日本の近代化に大きく貢献しました。

栄華を誇った炭鉱もそのほとんどは跡形もなくなくなりましたが、
しかし一部には当時の繁栄を偲ぶことが出来る建物などが残されています。

ということでOYOYO(まち×アートセンターさっぽろ)では26日、
三笠市の炭鉱遺産を見学する日帰りツアーを実施しました。

三笠市は前述の通り、北海道近代炭鉱発祥の地。
その遺産はまだ市内各所に見ることができます。
それを一通り見てみよう、というツアーです。

参加者は7名、レンタカーを借り、朝9:00にOYOYOを出発。

車は岩見沢から三笠市内へ入り、まずは「北炭幌内炭鉱幌内立坑櫓(入気)」へ。
道道917号線沿いの工場敷地内にあり、車窓から見学。
櫓の上に大きく「幌内」の文字が見えます。

幌内の市街地は山を越えた向こうにありますが、
立坑櫓跡は何キロも離れたところにある。
炭鉱というのは地下を何キロも掘り進むのだと分かります。

その少し先、旧幌内線唐松駅舎を横に見て弥生地区の「炭鉱住宅」を瞥見、
最初の下車地「三笠市立博物館」に到着しました。

続く

☆写真は「北炭幌内炭鉱幌内立坑櫓(入気)」
【部員】奥井 みさき
[PR]
by oyoyosapporoart | 2010-07-06 20:48 | イベント

第二回OYOYOゼミ アニメワークショップ無事終了!これぞ集大成映像です!!

先日22日夜は、第二回OYOYOゼミ「映像作家直伝!アニメーションを「いろは」から作れるゼミ」が無事開催されました!

こちらが今回ゼミで作り上げた集大成映像です!YouTubeにアップされています!

OYOYO周辺の映像に、参加者11名と講師の斉藤幹男さんにより創り出されたアニメたちが登場しています!




札幌在住の映像作家で、ここ最近は数々のアニメワークショップ出向で忙しい斉藤幹男さんが、今回の講師です。

初めは斉藤さんからアニメーション制作のしくみを、自身の作品映像を見せながらかいつまんで説明してくれました。

6枚または8枚の動画(パラパラ漫画でいう1コマ)をループさせるだけでできるんです。

青いバックで撮影し、こちら(斉藤さん)のほうでパソコン編集してアニメ映像にできます。

斉藤さんから話されたのは、おおむねその2つです。

ほかには、斉藤さんから、「走る」「ジャンプ」など動作別のアニメ作画例文献をコピーして、参加者全員に渡されました。今回はこれを参考にオリジナルアニメーションを産み出したわけです。

私は初め、それだけの手掛かりでできるのだろうか?と不安に思っていましたが、

「作画例」をよく観察し、自分の動かしたいキャラクターを頭で固めたら、意外と筆が進んでいきました。

そんな感じで皆さん約2時間かけて、厚紙に動画を描き輪郭を切り抜く作業に専念!

d0246751_1650568.jpg

d0246751_16503370.jpg



参加者の皆さん、いつになく静かにして淡々と進めていました。

OYOYOにしてはめずらしくBGMなしだったので、部長も心配になっていました(笑)

スイスイと20枚くらい動画を描いてしまう人がいたり、私を含め一つ一つの描画と色塗りに悩む人がいたりと、個人差はありしましたが、

前者速い人が後者悩む人の切り抜き作業を手伝うという好連携プレーも見られ、全員が無事に撮影までたどり着けました!

これぞOYOYOのイイところだと思います!


開始2時間後の21時あたりになると、皆さんは青色の撮影用台紙に、各々が切りぬいたアニメ動画を置き、デジカメで撮影。

あとは斉藤さんがそれらの画像を集約して、OYOYO付近の映像と合成する作業をしてくださいました。

斉藤さんとしてもなるべく1分30秒分、合成=コラボ映像を流したかったところですが…

レンダリングという、皆さんが撮影した動画コマを、コラボ映像ファイルとして書き出す処理に時間がかかり、

本人も「いや~ちょっと(ゼミ終了)時間まで(1分30秒分)全部見せるのキツイわ~」と心配になっていました。

やはり参加者十数名分のコマ画像が集積しているために容量が膨れ、時間がかかるようです。

当日は妥協策として、はじめの20秒弱分を画質低めで皆に公開しました。


そんな中でも、皆さまは十二分にご満悦の様子で、

「いやー、とても楽しかったーー!」

と声を大にしている人も多かったほどです!!


そして23日晩、斉藤さんが完成版である高画質映像を仕上げてくださいました!

それが冒頭にあるYouTube映像というわけです!!


今回は、私個人がもっとアニメを知りたいと思い、自分から斉藤さんにお願いして実現できたものなので、私としても企画をした甲斐があったと思い、ものすごくうれしい限りです!

あと、斉藤幹男さん、OYOYO美術部員ほか、協力してくださった皆さん、告知を見てお問い合わせくださった皆さんには、心から感謝したいと思います!

皆さん、私の初々しい企画に最後までご協力いただき、本当にありがとうございました!!

【部員】 兼田 泰成
[PR]
by oyoyosapporoart | 2010-06-25 15:31 | イベント