ゆめとうつつ 大勝純一展

8月30日の美術部活動では、大勝純一さんの個展を鑑賞致しました。
個展は29日、30日と開催され、最終日には大勝さんによるアーティストトークがありました。


展示された作品は輸送の関係で小さなものに限られましたが、100点あまりの膨大な数になりました。

作品は多様で、大まかに分類しますと以下のとおりです。

1.写真に漆やペンでもののけ状の生物や恐竜を描いたもの
  漆は過去に知人の方から、日本らしいものを、とアドバイスを受けてから使用されているそうです。
  これらの生き物たちは、考えて描くというよりも、手から直接スラスラと生まれてくるそうです。

2.天使となった人間の、まさに飛び立たんとする状態を捉えた写真
d0246751_2203446.jpg

  天使志望者(モデル)の情熱は熱く、気持ちが強いほど翼は美しく現れるとのこと。
  皆さん大勝さんが思う以上に天使になりきってくれるそうです。

3.ドアップの笑顔をレンガのように並べた写真
  写っているのはとびっきりの笑顔です。
  大勝さんは写真を一枚一枚自ら展示する中で、笑顔からパワーを受けられたそうです。

4.女性が被写体の街中写真。
  普段は絵の先生もされている大勝さん、生徒さんをモデルに撮影されたそうです。
  街中で撮られた白黒写真は、どこか懐かしい感じを受けるものでした。

5.油彩用キャンバスに吹きつけた穀物にドローイングしたもの。  
  

その他に、サイズの大きな作品は、制作年やタイトルが添えられた写真となって2冊のファイルにまとめられていました。
ファイルの中から1点1点作品を説明してくれる先生の記憶は滞りなく、この絵はチェルノブイリが起こった時に描いた絵だ、次のこれは卒業制作だ、そういえばこの時、同級生は巨大なキャンバスに日記をひたすら一年間かけて描いていたっけ、とそのお話はまるで立て板に水のようで、尽きることがありません。
更に、一人一人と視線を合わせて話してくださる姿に、聞いている我々もググッと引き込まれたわけでございます。
d0246751_22393861.jpg


20時から始まり当初1時間の予定だったアーティストトークも気づけば22時を過ぎ、先生の熱の篭ったお話も一旦終了。
その後はフリートークとなりましたが、雑談の流れから、作品と同じ、1人ひとりのドアップ笑顔写真を撮ってくださることになりました!
白い壁を背景に撮って頂いたのですが、カメラと被写体の距離の近いこと(笑
近接に対する気恥ずかしさからにやけ顔、さらに
「普段は何をしているのー?」「お名前はなんとおっしゃるんですかー」と独特の節で矢継ぎ早の質問責めを受け、我々は自然とくしゃっとした笑いになってしまいます。
平均して1人8カット、もぎたて笑顔がたくさん撮れました!
d0246751_2158222.jpg


「ハイ笑ってー」などとは言わずに、短時間で喜びを切り出せる術は、是非使わせて頂きたいと思いました(笑

個人的な印象としては、作品と同じように、大勝さん自体が空想と現実の融合体のような、不思議な印象を受けました。
とろんと溶けるような話しぶりには夢のような不確かさ、ふと見たお顔の冷静な目線には実体を。
タイトルに"ゆめとうつつ"と付けさせて頂いた理由です。
楽しい時間をありがとうございました。
d0246751_22404858.jpg



今回創作活動のため欠席されていたMさんに代わり、ブログを書かせて頂きました。
ブログの難しさを改めて知りました、敬服ですm(._。)m


しゃしん:国生さん
かきもの:310703(新入部員)

間違いなどありましたらご一報ください。。。
[PR]
# by oyoyosapporoart | 2011-09-01 22:46 | イベント

写真展やりますよ

8月9日(火)にS-AIRによる企画で、「JENESYS 東アジアクリエイター招聘プログラム ベトナム&カンボジア アーティスト・トーク」でした。
札幌へ滞在制作に来られた、カンボジア作家:ソック・タンさんとベトナム作家:レ・ホアン・ビッ・フォンさんをお招きしてのトークショーです。

しかし、わたくしといえば、夏風邪と夏バテでダウンし、参加できませんでした。
キーッ!くーやーしーいー!!(←ハンカチ噛んでいる)

どなたかわたくしの代わりにレポ書いて下さる方、いたらとても嬉しいです。
(ここで頼むなよ……)

その代わりと言ってはなんですが、OYOYO写真部主催による写真グループ展のご案内致します。

d0246751_23153915.jpg

今回の写真展のタイトルは
「自遊自彩」
OYOYO写真部では何度か写真展を開催してきましたが今までは部員の展示。

今回は広く部員以外の方にOYOYOを活用していただきたく、企画することになりました。
photoビギナーの方からベテランの方まで、携帯、iphone、一眼レフのデジタルもよし!
クォリティーの高いフィルム写真も有と、自由に自在に展示して彩ってください。

【開催日】
20011年8月24日水曜日から8月28日日曜日まで

【展示時間】
夜遅くまで見ることができます。
午前11時より夜23時まで
※最終日28日日曜日は17時まで

【問い合わせ連絡】
札幌市中央区南1条西6丁目 第2三谷ビル 6F
OYOYO まち×アートセンター さっぽろ
写真部
oyoyophoto@gmail.com

開催期間中 OYOYO Cafe 営業してます。

11:00~ カフェ お茶やお菓子をどうぞ! beerも

19:00~ BAR  おつまみ、食べ物の差し入れ大歓迎!ドリンクは注文してください。

Wellcomパーティー
8月27日土曜日 17:00~持ち込み制

※お好みのお酒、食べ物持ち込んでください。

会費¥1000 
BBQの炭代、氷、ソフトドリンク、お菓子、」ごみ処理等に当てます。
※巨大ビーフ用意します。お楽しみに。

(告知文。ほぼ、まんま引用)

d0246751_232356.jpg

こんな方も参加されます。

わたし「も」参加します。
ぇ、おまえ部員じゃないかって?
わたしは美術部なので、「部」外者です。(←超屁理屈)

写真とゆー媒体に囚われず、げんだいのハイテクを駆使した「メディアコンテンポラリーアート」と言いきって今回のグループ展に参加します。

d0246751_23263774.jpg

こんなこともありましたけどね。


では、今回もいつも崖っぷちMがお送り致しました。
[PR]
# by oyoyosapporoart | 2011-08-17 23:29 | 展覧会情報

近くて、知られざるサハリン事情

8月2日の活動報告でございます。

今回はゲストに写真家・後藤悠樹さんを迎えて「樺太サハリン写真」トークでした。

後藤さんについては、下手なわたしの説明よりも、こちらのサイトを見た方が分かりやすいかと存じます。
http://www.npi.ac.jp/extra/interview09.html
http://blog.canpan.info/fukiura/archive/6974

d0246751_20144876.jpg

こんな感じですね。はい。

現地の方々の何気ない日常写真や、スナップ写真をメインに撮っていらっしゃっていました。
日系や韓国、朝鮮系、ロシア系、あるいはアイヌ、ウクライナ系…と民族・人種がかなりMIX。
それがサハリン島に住む方々です。

d0246751_20304391.jpg


ちなみに面積は76,400 km²。北海道よりデカい。

ビザを取るのは大変ですが、意外と親日的なのがサハリンでございます。
(自動車産業とか、日本製品は質が良かったりするので)

そして彼等は写真を撮られることを、かなり嫌います。
「いま撮った写真データ消せ!!」
と言われる場合が多いです。
(その気持ち、個人的によっく解ります……)

あと、野犬が多いので要注意!!

サハリン観光の際は、是非この2点を意識しましょう……。

なんだかいつも以上に文章がまとまっていない、崖っぷちMがお送り致しました。

追記:
後藤さんのブログはコチラです。
http://harukyung.exblog.jp/
[PR]
# by oyoyosapporoart | 2011-08-04 20:39 | レクチャー

「笑」ってなんですか?

記憶が薄れないうちに、記事に書こうと思います。
7月26日の美術部レクチャーは、O野さんによるお笑いレクチャーでした。

d0246751_0371756.jpg

こんな感じ。
体当たりのショートコントを。
AVを題材にしたコントです。

その後は各部員の感想、あるいは優しい(←?)ツッコミなどなど。
わたしは遅刻というバカをやらかしたので、肝心のコントは見れませんでした(自爆)


誰でも出来るみんなで「ムツゴロウさんのモノマネ」などもしました。
顔のマッサージにしか思えない……ボソボソ

この20年のTVのバラエティー番組やギャグ漫画の推移などもお話してくれました。
バブリーの時代のお笑い番組は、今思えば、やっぱ無駄に経費をかけていたようにも思えます。

視聴者や観客が求める「笑」は、時代と共に変化しているのではないでしょーか?

今回も365日余裕のない崖っぷち部員・Mがお送り致しました。
[PR]
# by oyoyosapporoart | 2011-07-28 00:51 | レクチャー